徳寿工業株式会社

植物工場

SILHOS植物工場シリーズ

野菜生産システム

野菜生産のシステムには、ユニット方式と連続ベッド方式の2つの方式を用意しています。 生産効率が求められる大規模システム(植物工場)は、連続ベッド方式、小規模システムであればユニット方式が適しています。 ユニット方式の小型タイプも開発中です。

SILHOS野菜生産システム(ユニット方式) SILHOS野菜生産システム(ユニット方式)
SILHOS野菜生産システム(連続ベッド方式)SILHOS野菜生産システム(連続ベッド方式)

ユニット方式の特徴

  • 光と熱の分離による近接照明で、棚の間隔が必要最小限になり栽培本数が大幅増。
  • 電力消費量は従来システムと比べて60%減。
  • 定植から収穫までは植え替え不要、手間要らず。
  • 栽培棚は引き出し方式なので、作業が容易。
  • 蛍光灯の交換、養液装置のメンテナンスも容易で簡単。
  • 植物工場展示場案内

連続ベッド方式の特徴

  • 光と熱の分離による近接照明で、棚の間隔が必要最小限になり栽培本数が大幅増。
  • 電力消費量は従来システムと比べて60%減。
  • 定植から収穫まで生育に応じて移動とスペーシングにより、生産効率が大幅UP。
  • 構造が簡単で、高さ、栽培ベッド段数、長さが設置場所に合せて自由設計。
  • 蛍光灯の交換、養液装置のメンテナンスも容易で簡単。
  • 植物工場展示場案内
お問合せは、徳寿植物工場研究センター まで
ページtopへ
Copyright(c)2006 Tokuju Corporation All rights reserved.